FSAEとは

 Formula SAEは,教室の中だけでは生きた知識が身につかず,優秀なエンジニアが育たないということに気づいたアメリカで1982年に第1回が開催された非常に歴史のある大会です。フォーミュラカーの設計・製作を通じて,学生に仮想企業を運営させ実践的で生きたものづくりの知識を習得させることを目的とした『ものづくりによる実践的な学生教育プログラム』という位置付けにあります。現在,アメリカでは国内外含め120を超えるチームが参加し、イギリス、オーストラリア、ドイツなどでも同じルールで行なわれる国際的な大会となっています。

全日本学生フォーミュラ大会とは

 全日本学生フォーミュラ大会はFormula SAEを模範としFormula SAEと同様のルールで,社団法人自動車技術会が主催し日本で行われる大会です。
 Formula SAE同様,全日本学生フォーミュラ大会では,学生のチームが学生のみの力で,小型のフォーミュラカーを設計・製作したものを持ち寄り,車の走行性能だけでなく車両コンセプトやそれを実現する設計内容,生産コストなどありとあらゆる項目を審査することでものづくりの総合力を競う大会となっています。

全日本学生フォーミュラ大会の競技と審査

競技科目 競技の詳細 点数配分
車検 車両がレギュレーションを満たしているかなどの試験を行います。 -
動的審査 アクセラレーション 0-75m加速を行い、タイムを競います。
加速性能が評価されます。
75
スキッドパッド 8の字のコースを走り、タイムを競います。
旋回性能が評価されます。
50
オートクロス 直線・ターン・スラローム・シケインなどによる約800mのコース1周のタイムを競います。 150
エンデュランス 周回コースを20週、約20kmを二人のドライバーで走り、走行性能・耐久性など、車の全体性能と信頼性を評価します。 300
効率 エンデュランス時の燃料消費量から燃費を評価します。 100
静的審査 コスト審査 年産 1000 台を仮定したコストテーブルに基づき事前提出書類を提出し、コストの妥当性を審査します。 100
デザイン審査 事前提出書類と車両をもとに、設計の適切さ、革新性、加工性、整備性、組立性などを口頭試問により審査します。 150
プレゼンテーション審査 プレゼンテーション能力が評価されます。
『市場要求に合った車両の製造・販売を含むビジネスプランを会社役員へ納得させる』という仮想のシチュエーションで行います
75
合計 動的審査、静的審査の合計得点の上位6チームが表彰台です。 1000 

配分表のように、動的種目のエンデュランスが大きな配分をしめていることがわかります。
また、2015年度シーズンは、コスト審査、プレゼンテーション審査、デザイン審査の得点アップをチーム方針として掲げ、表彰台獲得を目指します。